世界の変え方

f:id:note0613:20170416234048j:plain

 

先輩からお誘いいただき、2時間ほどかけて学生時代を過ごした神奈川へ行ってきた。

軽く遊んでご飯を食べた後、その場の勢いで夜のドライブ小旅行。

 

車中の話題はだいたいあまり意味のないもので、面白ければそれでいい。

個人的には、死や生き方について少しだけ話せたことが大きな収穫だった。

 

海辺に車を停め、岩場や細い路地を歩き、

当初の予定を上回る冒険を終えた時には、3時間ほど経っていた。

 

早朝に解散し、ハンバーガーを食べたいと頭をよぎった時、今日の昼食にハンバーガーを食べる約束があったことを思い出した。うまく回っているように思う。

 

帰りの電車では、迷ってる人に声をかけられて目的地の近くまで案内したんだけど、普段からなぜかよく道を聞かれる。本当に多いので月1回くらい聞かれてるんじゃないかと思って、昨年12月からメモしてみることにした。実際、月1回くらいのペースだ。

 

人に会いたいと思えば誘われ、旅に出たいと思えば冒険することになり、他人のために何かしたいなと思えば道を聞かれる。

 

見えない力は働いているように思う。世界を変えられる気がする。

また今日も、辞めて以来やり取りのなかった前職の知り合いから連絡が来た。

そして今日の画像はまったく内容と関係なかったりする。