読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

危機一髪

f:id:note0613:20170418230559j:plain

 

人ごみが嫌いなわけじゃないけど、

満員電車が煩わしくなってきた。

 

そこにはいろんな発見があって、考え事には持って来いなんだけど、

毎日これかって考えると少し憂鬱だ。

 

平日昼間の電車は好きだ。

お腹に新しい命を宿した人が、人を避けて一歩一歩丁寧に歩くのを見て、自分はあのお腹から産まれたのだなと少し感動したり、赤子の泣き声を嫌がる顔が見当たらなくて、良い時間だなと和んだりする。たぶん磁場のズレなんだと思う。密度があれば物は狂う。

 

何かと距離を置いて心が落ち着くなら、それも一つの正しさだろう。

ガチッとはまるポイントはきっとあって、わざわざ一発で見つける必要はない。

 

ここだ!って、狙い撃ちしても黒ひげは飛ばない。

だからといって、全部試してる暇もない。

 

もう時間がないのだ。

面倒だから、頭から引っこ抜いてやろう。